チョコレートの表面が白くなったけど、食べても大丈夫?

食べようとしたら、表面が白く粉をふいたようになっていた...
みかけは悪いですが、食べても害はありません!
しかしチョコレート本来の風味や口溶けは損なわれてしまっています。

ブルーム現象

これはチョコレート特有のチョコレートに生じる劣化現象の一つ「ブルーム現象」です。ファットブルームやオイルブルームとも言われます。

チョコレートは高温(28℃以上)におかれるとココアバターという脂肪分が溶け、分離してチョコレートの表面に浮き出てきます。その後冷えて固まるときに白い結晶となって白く粉をふいたような状態になります。

指で触ると結晶が溶けるため、湿気によって砂糖が再結晶化した「シュガーブルーム」やカビなどと見分けることができます。チョコレートは水分が少ないので、カビが発生することはまずありません。

防ぐにはどうしたらいい?

ブルーム現象は賞味期限に関わりなく、温度変化により生じます。ブルーム現象をおこさせないためには、直射日光を避け、28℃未満の涼しい乾燥したところに保存しましょう。

チョコレートは熱に対してデリケートなお菓子です。製造工程ではチョコレートに含まれるココアバターを、安定した結晶にするテンパリング(温調)や、一定の温度と湿度の中である期間保管するエージング(熟成)などをおこなって、ブルームが起きないように工夫されています。また、流通段階でも保管には細心の注意が払われています。

  • 直射日光に当てない
  • 暖房のききすぎた部屋におかない
  • 火のそばやストーブ、ヒーターなどのそばにおかない