チョコボール

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

キョロちゃんのパッケージの鳥の"くちばし"から、丸いチョコがコロンと転がる、おなじみのロングセラーチョコレート菓子。エンゼルで《おもちゃのカンヅメ》が当たる☆

チョコボールの種類

こうばしピーナッツ

風味際立つピーナッツとチョコレート&サクサクのクリスプがベストコンビネーションの定番の味"チョコボール ピーナッツ"。

モグモグ キャラメル

まろやかな口どけでコクの深いキャラメルと、チョコレートのコンビネーションが絶妙"チョコボール キャラメル"。

サクサクいちご

さっくりパフ入りのホワイトチョコレートが、いちごチョコで包まれて、さっくり食感でいちごみるくのおいしさ"チョコボール いちご"。

期間限定

バナナ、ビスケット、カフェオレ、スイートコーン、ミルク、牛乳プリン、ヨーグルトなど、さまざまなフレーバーのチョコボールや、大人向けのシリーズも登場しました。

about チョコボール

チョコボールは、森永製菓が発売しているチョコレート菓子。1センチ大のチョコレートの中にピーナッツやキャラメルや各種チョコレートをチョコレートでコーティングしたもので、複数種類が発売されています。

現在生産されているチョコボールはすべて栃木県小山市にある森永製菓小山工場で生産されています。

チョコボールの誕生

1965年に「チョコボール」の前身である「チョコレートボール」が発売。子供向けにもっと魅力的な商品を開発されたのが、1967年に発売のキョロちゃんが描かれた「チョコボール」。

ですが、この時は「ピーナッツボール」「チョコレートボール」「カラーボール」の3種類の名前で発売され、1969年に親しみやすさを出す為に、チョコレートボールを略して「チョコボール」に改名されました。

おもちゃのカンヅメ

取り出し口の《くちばし》に低い確率で「エンゼルのイラスト」が印刷され、このエンゼルを集めると「おもちゃのカンヅメ」に替えてもらうことができます。

「金のエンゼル」「銀のエンゼル」があり、金なら1枚で、銀なら5枚が交換条件。チョコボールの発売以来なんと40年以上、このキャンペーンは一度も中断することなく続いています。

ほぼ2年ごとに中身やカンヅメの形を変えていて、しかもたいてい2種類用意されています。中身は当選者にしか分からず、森永の社内でもトップシークレットで、社員や工場の従業員ですら知らないそうです。

おもちゃのカンヅメの当選確率

公表していないが、同社広報によると、月平均で約2万個を発送しているとのことで、プレゼントキャンペーンとしてはかなりの高確率。

バラエティ番組「よるこ」では「金のエンゼル」が出るまでチョコボールを開封し続ける企画が行われたが、「金のエンゼル」が出るまでに2100個以上開封しており、その間に「銀のエンゼル」は60枚出てます。2100個でおもちゃのカンヅメ13個分なので、平均すると162個買うと1個が当たることになります。

さらに毎日放送「ロケみつ」の企画「目指せ! 金のエンゼル テク・テク・モグ・モグ! ブログ旅」では、「金のエンゼル」を引き当てるまで3618箱。銀のエンゼルは69枚でした。こちらでは平均244個でおもちゃのカンヅメ1個があたっています。

キョロちゃん

目がキョロキョロしていることから、このキャラクターには「キョロちゃん」という愛称が付けられました。キョロちゃんの胴体はそれぞれのフレーバーを表現しています。

キョロちゃんのデザインは、初代と比べると少しだけふくよかになっているが、基本的に変わらず、薄皮がむけたピーナッツも、誕生当初から変わっていない。

テレビCMに登場して以降、キョロちゃんを前面に押し出し、チョコボール=キョロちゃんのイメージを定着。ぬいぐるみを始め、ゲームソフトやプリクラ、ビデオ、時計など、様々な分野でキョロちゃんのキャラクターグッズが登場。テレビアニメにまでなり、すっかり有名人になりました。

チョコボールの製造工程

  1. 原料のピーナッツの大きさを選別
  2. ピーナッツのまわりをを小麦粉と水あめでコーティング
  3. ピーナッツを高温で20分ほどロースト
  4. 銅製のつぼの中で80分、回転させながらチョコを少しずつかけ、丸い形にしていく
  5. つやだしのシロップをかけて完成

毎年、味を変えている

実は発売から毎年、その時代時代の好みに合わせて、ほんのちょっとずつ味を変えています。
例えば、ピーナッツのロースト方法を甘さやコクが出るようにして、それに合わせてチョコレートも甘みとコクが出るようなものに変更したり、ピーナッツの粒を大きくして、より香ばしくしたり、キャラメルはさらに柔らかく、歯にくっつかないように工夫されています。

チョコボールの値段

チョコボール<ピーナッツ>(1箱 24g) 60円
チョコボール<キャラメル>(1箱 27g) 60円
チョコボール<いちご>(1箱 24g) 60円

チョコボールの内容量(グラム数)、カロリー

チョコボール<ピーナッツ>の栄養成分(1箱あたり)

  • 内容量:24グラム
  • カロリー(熱量):136kcal
  • たんぱく質:3.1g
  • 脂質:8.9g
  • 炭水化物:10.9g
  • ナトリウム:15mg
  • カルシウム:25mg

チョコボール<キャラメル>の栄養成分(1箱あたり)

  • 内容量:27グラム
  • カロリー(熱量):131kcal
  • たんぱく質:1.3g
  • 脂質:5.7g
  • 炭水化物:18.5g
  • ナトリウム:20mg
  • カルシウム:37mg

チョコボール<いちご>の栄養成分(1箱あたり)

  • 内容量:24グラム
  • カロリー(熱量):133kcal
  • たんぱく質:0.9g
  • 脂質:7.8g
  • 炭水化物:14.7g
  • ナトリウム:16mg
  • カルシウム:32mg

チョコボールの原材料

チョコボール<ピーナッツ>
ピーナッツ、砂糖、植物油脂、小麦粉、カカオマス、全粉乳、とうもろこしでん粉、水あめ、ホエイパウダー、乳糖、モルトエキス、ミルクカルシウム、デキストリン、食塩、光沢剤、香料、乳化剤(大豆由来)
チョコボール<キャラメル>
砂糖、水あめ、植物油脂、カカオマス、全粉乳、加糖練乳、加糖脱脂練乳、ホエイパウダー、小麦たんぱく、乳糖、ミルクカルシウム、デキストリン、モルトエキス、食塩、ソルビトール、光沢剤、乳化剤(大豆由来)、増粘剤(カラギナン)、香料
チョコボール<いちご>
砂糖、植物油脂、全粉乳、デキストリン、米パフ(小麦を含む)、ココアバター、乳糖、脱脂粉乳、いちごパウダー、水あめ、乳化剤(大豆由来)、光沢剤、香料、膨脹剤、ベニバナ赤色素、酸味料