ショコラティエ

ショコラティエ(仏: chocolatier)はチョコレートから様々なデザートや菓子を作るチョコレート専門の職人。なおカカオ豆などからチョコレートを作る職人ではない。手作りチョコレートを扱う店舗やチョコレート菓子を製造する会社を指すこともある。 女性形はショコラティエール(chocolatière)となる。

一般に、プロのショコラティエには、チョコレートの歴史や風味と質感の相性、チョコレートを軟らかくしたり、型に入れて固めたり、チョコレートで装飾したりといったチョコレートの加工技術、チョコレートに含まれるガナッシュやシュガーシロップ、フォンダンなどの割合に関する知識が求められる。

また、フランスでは優れたショコラティエにM.O.F.(フランス国家最優秀職人章、Meilleur Ouvrier de France)が授与されることがある。

著名なショコラティエ

外国

  • ダニエル・ペーター - はじめてミルク・チョコレートを開発した人物
  • アンリ・ルルー(Henri Le Roux)
  • クリスティーヌ・フェルベール(Christine Ferber)
  • ジャン=ポール・エヴァン(Jean-Paul Hévin)
  • ピエール・エルメ(Pierre Hermé)
  • ロベール・ランクス(Robert Linxe) - 「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」(La Maison du Chocolat)の創業者として知られる。
  • ピエール・マルコリーニ(Pierre Marcolini)

日本

  • 水野直巳(みずの なおみ) - ワールド・チョコレート・マスターズ2007(パリ)で総合優勝
  • 平井茂雄(ひらい しげお) - ワールド・チョコレート・マスターズ2009(パリ)で総合優勝