クーベルチュール・チョコレート

ココアバターの含有量の多い、流動性の高いチョコレートのことです。一般にチョコレートの細工や被覆加工に使用されるものをいいます。

コーティング用のチョコレート

クーベルチュールはフランス語で「カバー(覆い)」。カバー(コーティング)をするために使うチョコレートという意味です。

成分において「総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可」という厳格な国際規格があります。これは脂肪分が多く含まれていない場合、コーティングの際に薄く表面を覆うことが出来なくなるためです。

通常は、ボンボンの上掛け、キャンディーやケーキの繊細なコーティングなどの細工に使われます。また、フランス料理のデザートなどの彩りに使われています。

近年、クーベルチュール・チョコレートという名前が知られてきて、高級チョコレートとされることがありますが、実際は、特殊用途のチョコレートです。

国外ではこの規格に則っていないものはクーベルチュールとして認められないが、日本ではこの違いを理解せず、チョコレートの基本構成である、カカオマス、ココアパウダー、ココアバター、砂糖などでできた「製菓原料用のチョコレート」という意味で用いられる場合もあります。