エピカテキンが血圧を下げる

チョコレートには多く含まれているポリフェノールの一種「エピカテキン」という物質によって、硬くなった血管を元の若々しいしなやか状態に戻して血圧を低下させ、高血圧を予防することができると言われています。

ポリフェノールって何?

「ポリフェノール」と言えば赤ワインが有名ですね。しかし、実はポリフェノールはほとんどの植物に含有され、5,000以上の種類があるのです。

たとえば、お茶に含まれる「カテキン」や大豆の「イソフラボン」、そばの「ルチン」、ウコンの「クルクミン」などもポリフェノールの一種で、これらを総称してポリフェノールと呼びます。

ポリフェノールは、光合成によってできる植物の色素や苦み、渋み、アクの成分で、表皮や種子に多く含まれています。そのため、たとえば赤ワインには多く含まれていても、ブドウの果皮を取り除いて作られる白ワインにはあまり含まれていません。

ポリフェノールの働き

ポリフェノールは植物に対して細胞の生成、活性化、分裂を助け、外部からの有害物を無毒化するなどの働きがあるので、植物自体を守るのにも必要な成分と言えるでしょう。人が摂取すると、活性酸素を抑制・除去する働きをもっています(種類によっては有効でないものもあります)。

活性酸素は、細菌やウイルスと戦ってくれる生命を維持するためになくてはならないものですが、疲労や偏食、ストレス、加齢などが原因となって過剰にできてしまうと、他の正常な細胞までも損傷を与え、さまざまな生活習慣病やがん、老化の原因になるともいわれています。

そんなときに、ポリフェノールが活躍してくれます。もともと、人間の体内にはSOD(スーパー・オキシド・ディスムターゼ)という抗酸化酵素が備わっていますが、40歳を境にSODは減少していく傾向にあるので、年齢と共に意識して摂取すると良いでしょう。

ポリフェノールは熱に強く、壊れにくい性質がありますが、非常に酸化しやすく、空気にさらされた直後から少しずつ減少していきます。調理後は、できるだけ早く食べるようにしましょう。

主な働き
  1. 活性酸素の除去・がんの予防に役立ちます
  2. 抗酸化作用悪玉のLDLコレステロールの酸化を阻害して、老化を防止し動脈硬化を予防します
  3. 血糖値や血圧値を正常化して、糖尿病・高血圧の予防に役立ちます(カテキン、ルチン、プロアントシアニジン[栗]など)
  4. 殺菌作用があります(カテキン、タンニンなど)
  5. アレルギーに効果があります
  6. キズの治りが早くなります
  7. 紫外線による日焼けの肌の炎症をしずめる作用と、肌のきめを整えます。

代表的なポリフェノール

フラボノイド
カテキン
ワイン、茶、リンゴ、ブルーベリーに多く含まれる。殺菌作用を始め、血中コレステロールを低下させたり、高血圧を予防したりといった効果がある。
アントシアニン
ブドウの実皮やムラサキイモ、ブルーベリー、などの赤紫色をした植物体に多く含まれている色素成分。肝機能の向上を助け、疲れ目の解消などにも効果的といわれる。
タンニン
茶、赤ワイン、柿、バナナなどに含まれる渋味成分。カテキン同様、殺菌効果がある。
ルチン
ビタミンPの一種で、ソバに含まれる。
イソフラボン
大豆や大豆加工商品(豆腐、納豆など)、葛、葛粉などに含まれる。エストロゲンと同様の働きをするため、アンチエイジングなどの視点から着目されている。
フェノール酸
クロロゲン酸
コーヒーに多く含まれる。消化器、代謝性疾患を改善する作用がある。
エラグ酸
イチゴなどに含まれるポリフェノール。美白効果があり、化粧品に多用されている。
リグナン
ゴマに多く含まれる。セサミンもこの一種。
クルクミン
ウコンに多く含まれる。
クマリン
サクラの葉、パセリ、モモ、柑橘類に多く含まれる。甘い香りのもと。軽油識別剤として、灯油およびA重油に添加される。

エピカテキンもポリフェノール

「エピカテキン」とは高分子ポリフェノールの中の一種です。エピカテキンの特徴は強い抗酸化作用を持っていること。

エピカテキンを含む食べ物を食べると、小腸でエピカテキンが吸収され血液中に流れ込みます。すると血管の収縮を司る内側の細胞(血管内皮細胞)に染みこみ、その活動を活性化、血管が拡張し血圧の上昇を抑えることができます。

この状態を維持することによって、硬くなった血管を元の若々しいしなやか状態に若返らせ、血圧を低下させて、高血圧を予防したり、動脈硬化やがんを予防したりと、さまざまな病気や生活習慣病を予防してくれます。

エピカテキンを多く含む食べ物

リンゴの皮、ぶどうの皮、緑茶(茶葉)にも含まれていますが、チョコレートには特に多く含まれています。