ジャーマンケーキ

生クリームを挟んだ2層のチョコスポンジケーキの上にココナッツフィリングを塗って作られたケーキ。チョコレートケーキの一種。

ジャーマンケーキ (German chocolate cake、もともとはGerman's chocolate cake)
日本国内では沖縄本島の洋菓子店で頻繁に見かけられるが、本土ではあまり見かけられない。

起源

1852年、アメリカのベーカーズチョコレート社(Baker's Chocolate Company)のサミュエル・ジャーマン( Samuel German )が開発したケーキ用チョコレート "Baker's German's Sweet Chocolate" に由来する。

1957年になって、同チョコレートを用いるこのケーキのレシピがダラスの新聞に投稿され、当時ベーカーズの商標を所有していたゼネラルフーヅ社(en:General Foods)がアメリカ各地に広めた。「ドイツ風ケーキ」というのは誤り。