ゴディバ(Godiva Chocolatier)

ベルギーで創業し、ベルギー王室の御用達とされるチョコレートメーカ。世界80カ国以上に進出し、450か所の直営店とさらに多くの販売店をもつほか、ロンドンのカフェ・ゴディバの経営や、インターネットを通じた通信販売事業も手掛けています。

ゴディバの由来

ゴディバの名と馬に跨った裸婦のロゴマークは、イングランドの伝説に出てくる11世紀の英国の伯爵夫人レディ・ゴ ディバ(Lady Godiva)に由来します。重税を課そうとする領主である夫を戒め、苦しむ領民を救うため、領民への重税の免除と引き換えに、自らを犠牲にして一糸纏わ ぬ姿のまま、馬で町を駆け廻りました。

ゴディバの創始者ジョセフ・ドラップスと妻ガブリエルは、レディ・ゴディバの勇気と深い愛に感銘し、1926年ベルギーに誕生した自らのブランドに「ゴディバ」の名を冠しました。

歴史

1926年、ジョセフ・ドラップスが高級チョコレートの「ショコラトリー・ドラップス」をブリュッセルにて設立。1956年、社名を「ゴディバ」に変更し、販売店をグランプラス広場に開業、1958年にはパリのサントノーレ通りに販売店を開いて国外進出しました。

ゴディバの商品

芸術性の高いデザインと厳選素材、味にこだわった高級チョコレートをメインとして扱っていますが、チョコレート以外の菓子、コーヒー、ココア、アイスクリーム、リキュールなども販売しています。