アンリ・ルルー(HENRI LE ROUX)

ショコラティエ、そして世界唯一のキャラメル職人として、革新的な味を創出したフランスの菓子職人アンリ・ルルー。

1977年にフランス・ブルターニュ地方に「Le Roux(ルルー)」を開店した創始者アンリ・ルルー。当時ショコラの先進国だったスイスの製法をフランスに伝えた先駆者的ショコラティエです。

世界で唯一のキャ ラメリエ

アンリ・ルルーが創り上げたC.B.S.(塩バターキャラメル)は、誰もが初めて味わう、誰にも真似できないキャラメルとして、アルチザン(職人)として高い評価を得ただけでなく、世界でただ一人、キャラメリエ(キャラメル職人)の称号を手にしています。

C.B.S

アンリ・ルルーが地元の人に愛されるオリジナルの味を作ろうと考案したのがC.B.S.です。C.B.S.とは、Caramel au Buerre Salé(キャラメル・ブール・サレ=塩バターキャラメル)の頭文字をとったもの。

ブルターニュが誇る名産・ゲランドの塩を練り込んだ有塩バターは、19世紀初頭に"美食家のためのバター"として珍重されました。ルルーは、そのバターを練り込み、キャラメル ムゥと呼ばれるやわらかなキャラメルを作りました。甘さのなかに感じる絶妙の塩味。

それまでフランスでは塩をスイーツに使う習慣がなかったため、甘さに塩を効かせた味がとても斬新で、しかもその完成度の高さがパリでも評判に。一躍、世界で注目される存在となりました。

「指にはつくが、歯にはつかない」という、なめらかなやわらかさ。砂糖や水あめをほとんど使用せず、素材の味を引き出すために、日々、素材の状態を目で見て、舌で感じ、さらに気温や湿度によって作り方や配合を微妙に変えていくという職人技が、ひと粒のキャラメルを作り上げているのです。

C.B.S.のみずみずしい味わいやキャラメル独特の香ばしさ、やわらかさは、スイーツ界 でも"真似のできない見事な"キャラメルとして認められています。

驚きが喜びに変わるボンボンショコラ

計算されたサイズと、つややかで薄く均一なコーティングで綿密に、繊細に仕上げられたアンリ・ルルーのショコラ。カカオ本来のさまざまな香りや味わいと、 ナッツやフルーツ、スパイス、ハーブ、お茶、野菜などを巧みに組み合わせた、ひとつの素材だけが目立つことなく、絶妙なバランスの素晴らしいハーモニーを味わえます。

ショコラ愛好会で3冠を受賞

ショコラティエ・エ・キャラメリエ「アンリ・ルルー」は、フランスの権威あるショコラ愛好会Club des Croqueurs de Chocolatより2014年、3冠を受賞しました。フランス最優秀ショコラティエ20人、最高評価である「タブレットドール(金のタブレット)」、審査員が特に気に入ったショコラティエに贈るcoup de cœur賞の3冠です。

ショップ

東京ミッドタウン店
東京都港区赤坂9-7-1 東京ミッドタウン ガレリアB1F

伊勢丹新宿店
東京都新宿区新宿3-14-1 
伊勢丹新宿店 本館地下1階=カフェ エ シュクレ

高島屋玉川店
〒158-8701 東京都世田谷区玉川3-17-1
玉川高島屋 地階フーズギャラリー洋菓子

JR大阪三越伊勢丹店
〒530-8558 大阪市北区梅田3-1-3
JR大阪三越伊勢丹店地下2階=洋菓子