長寿の秘訣はチョコレート!? チョコレートと長寿の関係に迫る

「チョコレートを食べると長生きできる」と言われても、にわかには信じられない。
しかし人類史上、最も長生きをした人物はチョコレートが大好物だった!

赤ワインとチョコレート

フランス人女性のジャンヌ・カルマンは、確実な証拠がある中で人類史上、最も長生きしたとしてギネスブックに認定された女性。そのカルマンは1週間に1キログラムのチョコレートを食べていたという。

ジャンヌ=ルイーズ・カルマン(Jeanne-Louise Calment)は、1875年2月21日産まれで、1997年8月4日まで122年と164日間生き史上唯一、大還暦(120歳)を迎えています。

彼女は生前のゴッホに会ったことのある女性として報道されたことがきっかけで一躍有名人となり、世界中からその長生きの秘密を知りたい、と注目された。

なんと彼女が20歳代から117歳まで喫煙していたうえに、大の野菜嫌い!
長生きとは縁のなさそうな偏った生活の彼女が好きな食べ物は、毎日の"赤ワイン"と1週間に1㎏食べたという"チョコレート"!

ん~、長寿の秘訣はポリフェノールにあり!?と思わされます。

またまたチョコレート!?

そして、アメリカで最も長寿記録をもつ女性サラ・クナウス(Sarah Knauss、1880年9月24日 - 1999年12月30日)もチョコレートが大好きだったそうです。

119歳と97日を生きた彼女は、長寿世界一になったということで新聞の記事に載ったとき、食べ物の好き嫌いについて、「チョコレートは大好きだが、野菜は大嫌い」。

長寿の秘訣について聞かれたとき「年齢を気にしないことと、嫌いな野菜を無理に食べないこと」と答えていたという。

どこまでチョコレートによる影響なのかはわからないけれど、野菜嫌いな人には特にチョコレートを食べることをオススメしたい内容ですね。